TEL 0795-32-1223 / FAX 0795-32-0652
Japanese Red Cross Society

超音波診断装置を更新しました

平成 28 年 10 月 6 日

このたび一般社団法人日本損害保険協会からの寄附金により、 GEヘルスケアジャパン株式会社のポータブル汎用超音波診断装置 LOGIQ e Premium Pro を導入しました。

超音波検査とは、人の耳に聞こえる範囲より高い周波数の音波を体の表面に当て臓器を観察する検査で、 膵臓疾患や肝臓疾患、胆石症などや、心臓、頸動脈、甲状腺などの形、大きさ、動き、血液の流れなどを調べる検査で、 「身体への負荷がほとんどない」「痛みもない」「放射線被ばくの心配が全くない」といった特徴があります。

本装置は、軽量かつコンパクトで持ち運びに適しており、緊急時や訪問診療・往診先での検査にもリアルタイムに対応ができます。 また、従来の超音波診断装置よりもさらに画質が向上し鮮明な画像を抽出できることから、診断機能の向上が期待されます。