TEL 0795-32-1223 / FAX 0795-32-0652
Japanese Red Cross Society

多可赤十字病院の沿革

昭 20.11
多可郡中町中村町204番地の地に、柏原赤十字病院中町分院として内科・外科・産婦人科・小児科の4科、病床数20床にて発足。
昭 23.12
中町赤十字病院として独立。
昭 27. 5
結核病棟新築。32床となる。
昭 38. 8
南病棟新築。58床となる。
昭 48. 5
結核病棟12床を一般病棟に転用。
昭 50. 8
中町岸上280番地に移転竣工。(鉄筋コンクリート3階建)
昭 51. 4
救急告示病院の指定を受ける。
昭 57. 5
増改築棟で診療を開始する。84床となる。
昭 61. 4
整形外科、理学診療科を設置。
昭 61. 9
許可病床132床となる。
昭 62. 4
老人保健施設モデル事業の指定を受ける。(入所定員22人)
昭 63. 4
老人保健施設モデル事業を終了し、本格的施行に移行する。
昭 63. 7
老人保健施設に22床を転用し、許可病床110床となる。
昭 63. 9
救急医療の功績により県知事より表彰を受ける。
平  5. 2
老人保健施設及び医師住宅新築工事完工。
平  5. 4
日本赤十字社名誉副総裁常陸宮妃殿下のご来臨を仰ぎ、老人保健施設及び医師住宅竣工式を挙行し、中町岸上280-19の地に新築移転、入所定員82人となる。
平  6.12
在宅介護支援センターを開設。
平  7. 1
阪神淡路大震災発生。救護班出動。(1月17日~2月10日)
平 10. 4
眼科を設置。
平 11. 4
中町赤十字訪問看護ステーション開設。
平 11. 9
中町赤十字指定居宅介護支援事業所開設。
平 13. 2
人工透析を開始。
平 17.11
多可郡3町の合併により「多可町」に変更。
「多可郡多可町中区岸上280」に住所変更。
中町在宅介護支援センターを多可町中在宅介護支援センターに名称変更。
平 18. 9
病院機能評価認定を受ける。(Ver.5.0)
平 19. 4
稼働病床数を60床にする。1病棟体制に縮小する。
平 21. 4
稼働病床数を80床(一般50床・回復期リハ30床)にする。2病棟体制とする。
平 21. 6
回復期リハビリテーション病棟入院料2 (1病棟 30床) 算定受理。
平 22. 4
一般病棟入院基本料 10:1(1病棟50床)、 看護補助加算1 算定受理。
回復期リハビリテーション病棟入院料1 (1病棟 30床) 算定受理。
平 22. 9
麻酔科を標榜。
平 22.10
多可赤十字病院に名称変更。
平 23. 2
脳神経外科、皮膚科を標榜。
平 23. 3
東日本大震災発生。救護班出動。(21日~24日)
平 23. 9
台風12号による杉原川の氾濫により病院敷地内が冠水する(4日)。
公用車車庫、サービス棟電気室、ボイラー室、設備コントロール室に浸水。
平 24. 4
松浦尊麿院長着任。
総合診療科・地域医療連携課・訪問看護ステーション・居宅介護支援事業所を集約し、地域医療支援センターとする。
平 24. 6
在宅療養支援病院の施設基準を取得。
平 25.10
電子カルテを導入。
平 26. 5
医療療養病棟(23床)を開設。一般病棟(54床)、回復期リハビリテーション病棟(33床)と合わせて、110床体制とする。